四谷学院通信講座

ケアマネジャー(ケアマネージャー)とは|ケアマネジャー(ケアマネージャー)講座|通信講座・資格取得なら四谷学院通信講座

ケアマネジャー(ケアマネージャー)とは

資格・試験についてわかりやすく解説します!

ケアプランを立て、サービスを調整する介護のプロフェッショナル

介護が必要な方に最適なケアプランを作成ケアマネジャー(ケアマネージャー)は、介護を必要としている方に対して介護、保健、医療、福祉の各分野からサービスをコーディネートし、一人ひとりに最適なケアプランを提供します。その後の経過もていねいに見守ってサポートし、人生の質を高めるとてもやりがいのある仕事。
超高齢化社会の今、社会的ニーズ急上昇の、有望資格です。

活躍の場はたくさん!転職にも有利な資格です

介護が必要な方に最適なケアプランを作成活躍の場はとても幅広く、居宅介護支援以外にも特別養護老人ホーム、老人保健施設、介護療養型医療施設などさまざまな地域や施設での活躍が期待できます。デスクワークなので体力面でも安心。介護福祉士やヘルパーからのキャリアアップとしてケアマネジャー(ケアマネージャー)を目指す方もたくさんいらっしゃいます。
ケアマネジャー(ケアマネージャー)は専門性が高い資格ですから、介護や福祉分野での転職にとても有利です。また、出産や子育てにより、仕事を退職することがあっても資格を持っていれば再就職の幅が広がります。

ケアマネジャー(ケアマネージャー)に向いている人は?

現在、ケアマネジャー(ケアマネージャー)の受験資格には、介護等の業務で5年以上の実務経験が必要となります。
ですので、ケアマネジャー(ケアマネージャー)は目指そうと思って簡単に取得できる資格ではなく、専門性の高い資格だと言えるでしょう。それほどに専門性が高い資格のため、責任感のある人、人のために心から役に立ちたいと思っている人でなければ、合格は難しいかもしれません。
逆に言えば、これらの気持ちを持ち合わせている方にとって、ケアマネジャー(ケアマネージャー)はこの上なく適正な資格であると言えます。受験資格をすでにお持ちの方は、試験に向けてしっかり対策を始めていきましょう。

次のページからは、ケアマネジャー(ケアマネージャー)の試験や受験資格について詳しく説明していきます。