四谷学院通信講座

簿記試験について|簿記3級講座|通信講座・資格取得なら四谷学院通信講座

簿記試験について

簿記3級と簿記2級の違いとは?

簿記3級と2級の違いを整理すると、以下のようになります。初めての方や自営業の方は3級、企業の経理や税理士などを目指される方は2級まで取得するとよいでしょう。

対象 内容
簿記3級 ・個人商店主
・経理事務補助
・初めて簿記を学ぶ方
個人商店や企業のお金の流れを理解するための基本知識を扱います。会社の通信簿とも言える「損益計算書」「賃借対照表」の仕組みを理解して、実際に作成できるようになります。簿記3級を学習することで、商店や中小企業の経理事務を担当するのに十分な事務能力を身につけることができます。
簿記2級 ・公認会計士や税理士を目指す方
・経理事務部門でのキャリアアップを目指す方
簿記2級は大きく商業簿記と工業簿記に分かれ、株式や債券の発行などといった株式会社特有の会計処理や、製品製造にかかる原価の計算方法を学びます。
簿記2級取得者は経理・会計のスペシャリストとして、企業の経理・会計の中心となり活躍する道がひらけます。また、会社の経営に関する分析力が上がったり、コスト管理など経営に関する数字を扱う能力が向上します。

年齢も経験も不問。誰でも受験できます。

簿記の試験には、学歴・年齢・実務経験などの受験制限がないので、誰でも受験することができます。試験のチャンスは年に3回。100点中70点以上得点できれば合格です。定員がない試験なので、きちんと勉強さえすれば誰でも合格することができます

簿記3級は足し算と引き算ができれば大丈夫!

簿記3級は足し算と引き算ができれば大丈夫!たくさんの数字が出てくる簿記ですが、3級ではそのほとんどは足し算と引き算の組み合わせにすぎません。小学校4年生レベルの計算ができれば解ける問題ばかりですから、数学が苦手な人も心配ありません。簿記という名前で苦手意識をもってしまいがちですが、まずは試験の内容を知ることから始めてみてはいかがでしょう。案外、簿記を身近に感じられるかもしれません。

日商簿記3級・2級試験概要

簿記検定の中で最も規模が大きく一般的なのが「日商簿記」です。会社の長所や短所を経営状態から分析することができる能力は、業種にかかわらず多くの企業から評価されています。

受検資格 誰でも受験できます
実施時期 年3回(6月、11月、2月)
試験時間 2時間
申込時期 試験日の約2ヵ月前に受験希望地の商工会議所に出願
※申込日時、申込方法は商工会議所によって異なります。
受験料 3級…2,570円(税込)
2級…4,630円(税込)
合格基準 70点以上(100点満点)
平均合格率 約30%~40%
試験実施団体 日本商工会議所