注目!「児童家庭福祉」の出題傾向と対策のポイント

  公開日:2017/06/02
最終更新日:2017/09/02

※この記事は約2分で読めます。

こんにちは、四谷学院の谷村です。
「児童家庭福祉」科目について解説します。

「児童家庭福祉」の内容

子どもや家庭への福祉についてまんべんなく学ぶ科目です。
保育士の福祉職としての専門性が詰まった科目といえるでしょう。
保育所や認定こども園以外にも、保育士を必要とする施設(児童福祉施設等)についてのあらましや、保育士以外の福祉の専門職についても学習します。児童虐待への対策もここで特に深く学びます。

出題傾向

児童家庭福祉に関するトピックをまんべんなく出題

対策のポイント

「児童福祉法」を柱に、日本における児童福祉制度がどのようになっているか、体系的に理解できることがポイントです。

まずは分野ごとに、キーワードを中心とした学習からスタートしますが、似た名前の制度が多く登場するので、わからなくなったら質問制度を活用するのがお勧めです。

55段階では、テキストを2周学習するカリキュラムになっています。
まず1周目は講義動画を見つつ、全体をザックリ理解していき、2周目以降はキーワードや制度ごとの関連性に注目してさら理解を深めていくことができます。
くわしくはホームページをご覧ください。

四谷学院 保育士講座ホームページ

このページの先頭へ